沿    革

創立10年時   創立20年時   創立30年時   創立40年時
 
昭和50年5月11日横浜プリンスホテルにて設立総会が開催された。

設立発起人
根建金一・肥田仙太郎・藤井清・飯田勘一・西山三吉・丸山徳三郎
樋口芳郎・松倉吉雄・富岡栄三郎・草川三郎・斎藤忠司・和田匡雄
二見竹一・芳賀孝雄・村山啓造
    


      横浜プリンスホテルに於いて開催された設立総会で、下記役員が選出された


   
会  長   
根建金一(横浜セメント建材商業組合)
   
副会長  
芳賀孝雄(川崎建材商業組合)  塩沢信雄(鎌倉セメント建材商業組合)
           西山三吉(相模セメント建材商業組合)  和田匡雄(湘南建材業組合)
           村山啓造(西湘セメント建材商組合)  樋口芳郎(相武建材商組合)
           草川三郎(三浦半島建材商組合)
       
監  事      
森   清(川崎)  斎藤忠司(三浦半島)
  
会計理事  
飯田勘一(横浜)  丸山徳三郎(相模)
       
理  事  
伊奈淳吉・鈴木完爾・宮田録生(川崎)  大谷謙蔵(相模)  立川 忠(鎌倉)
          関 健三・近藤広輝(西湘)  萩原宏之助・角崎重邦(三浦)
          吉原三郎・二見竹一(湘南)  松倉吉雄・富岡栄三郎(相武)
          肥田仙太郎・藤井 清(横浜)


 創立当時の組合

川崎建材商業組合・鎌倉セメント建材商組合・相模セメント建材商業組合

湘南建材商組合・西湘セメント建材商組合・相武建材商組合

三浦半島建材商組合・横浜セメント建材商業組合

8組合 370社でスタートする

理事25名・各地区より120名の代議員が選出された

       



第一回理事会  
昭和50年6月24日
定款の作成・総会の構成員を代議員とする・会費は1店舗月300円・会員
名簿を作成・理事会は各地区持ち回りを決定

  

第二回理事会  
昭和50年11月19日  於、横浜銀行藤沢支店会議室

川崎地区、稲田建材組合が新規加入した
小売商部会・卸業部会・生コン部会の3部会が結成された

第三回理事会  
昭和51年1月26日  広岡ビル会議室
セメントメーカー代表9社と懇談、店頭掲示価格750円と決定
三部会の開催(生コン部会・卸業部会・小売商部会)
当初昭和51年3月30日に開催予定したが、国鉄・私鉄ストのため日を改め
4月16日に県立勤労会館にて開催された 
 



当時の各地区別標準価格

稲田 川崎 鎌倉 相模 湘南 相武 三浦 西湘 横浜
砂利 5500 5600 5500 5500 4800 5200 5000 4000 5600
5000 4500 5500 5500 4800 5200 4700 4000 5400
セメント40kg 650 600 600 600 550 600 600 530 550
生コン1立米 10000 11000 10000 11000 10000 12000 10500 9400 11500
10cm軽 100 110 100 100 95 100 100 85 100

       


第2回定時総会  昭和51年5月28日  県民ホール会議室
昭和50年度事業報告   二ノ宮事務局長
昭和50年度会計報告   丸山会計理事
監査報告   斎藤監事
新規加入組合紹介  川崎中部建材商組合  北原金蔵組合長
昭和51年度事業計画
昭和51年度収支予算
     など議案を承認した

10組合・会員数406社となる       

      

第3回定時総会 昭和52年5月29日 県政センターホール
51年度事業報告
4月27日  理事会開催 横浜市県立勤労会館
11月26日  理事会開催 厚木市三楽会館会議室
3月 5日  理事会開催 川崎市産業文化会館  


新年度新執行部役員

 役  職  氏  名  所属組合  役   職  氏   名  所属組合
会長 根建金一 横浜 副会長 村山啓造 西湘
副会長 芳賀孝雄 川崎 副会長 富岡栄三郎 相武
副会長 北原金蔵 川崎中部 副会長 根岸治郎 相模
副会長 赤間正一郎 稲田 監事 斎藤忠司 三浦
副会長 肥田仙太郎 横浜 監事 森   清 川崎
副会長 草川三郎 三浦 会計 飯田勘一 横浜
副会長 塩沢信雄 鎌倉 会計 大谷謙蔵 相模
副会長 吉原三郎 湘南

   通常の議案を全て承認し、上記新年度役員を決定して第3回総会を終了した。
   総会終了後、参議院議員、経済評論家の斎藤栄三郎先生より
   「これからの日本経済の動向」について講演があった




第 4回定時総会 昭和53年6月 4日 横浜プラザホテル

第 5回定時総会 昭和54年5月20日 横浜プラザホテル
根建金一会長逝去 昭和54年10月13日
肥田仙太郎氏が会長に就任する 昭和54年11月14日臨時理事会

第 6回定時総会 昭和55年5月18日 県政総合センター          組合員数406

第 7回定時総会 昭和56年5月24日 リッチ横浜会館       組合員数398
全国セメント建材商組合連合会へ加入決定

第 8回定時総会 昭和57年6月6日  リッチ横浜会館       組合員数396

第 9回定時総会 昭和58年6月5日  横浜プラザホテル          
組合員数392

第10回定時総会 昭和59年6月17日 リッチ横浜会館
代議員制度を廃止する 
          
第11回定時総会 昭和60年6月2日  横浜プリンスホテル        組合員数370
      
    




創立10周年記念式典

創立10周年記念式典は、第11回定時総会終了後午後5時30分より開催された。
肥田連合会長より創立から10年間の歩み等も含めて式辞があり、表彰に移る。
株式会社根建商店に対し、事務所の提供その他組合に対しての協力に感謝状並に
記念品が贈られた。次に連合会役員表彰に移り、各組合別に表彰者に対し表彰状
が贈られた。
6時30分より祝賀パーテイ−に移り盛会裏に終了した。

    
ページの先頭へ戻る



第12回定時総会 昭和61年6月1日  ホテルリッチ横浜
      組合員数362
連合会会費を月額400円とする

第13回定時総会 昭和62年6月7日  横浜駅東口 スカイビル 組合員数347
全国セメント建材商組合連合会の総会が横浜で開催された

第14回定時総会 昭和63年6月12日 ホテルリッチ横浜      組合員数345
関東近県組合との第一回交流懇談会開催

第15回定時総会 平成 元年6月  4日  横浜スカイビル       組合員数347
相互取引規定を設定した
消費税3%が導入された


第16回定時総会 平成 2年6月3日  横浜スカイビル        組合員数345
小原孝三郎氏(横浜)が第三代会長に就任する

第17回定時総会 平成3年6月9日  ホテルリッチ横浜        組合員数343
関東セメント建材組合連合会結成 小原孝三郎氏が副会長に
袋セメントの軽量化について協議される

 
第18回定時総会 平成4年5月24日  ホテルリッチ横浜      組合員数337
協同組合開設準備委員会が結成された

第19回定時総会 平成5年5月30日  ホテルリッチ横浜     組合員数329
東京セメント建材協同組合発行「月刊建材」の購読
 連合会会費を月額600円に決定する


第20回定時総会 平成6年5月29日  ホテルリッチ横浜      組合員数320

第21回定時総会 平成7年6月3日    ホテルリッチ横浜        組合員数307

     



              
設立20周年記念式典・祝賀会
第21回定時総会終了後、午後3時よりホテルリッチ横浜にて開催された。
式典では小原会長挨拶の後、来賓十数社を代表して、全国セメント建材商組合
連合会会長、保谷勇氏及び富士川建材工業梶A常山専務より祝辞があり、
続いて組合協力者及び組合功労者へ表彰状並びに感謝状の贈呈が行なわれた。


ページの先頭へ戻る


  

第22回定時総会  平成8年資料なし
東京の「月刊建材」での小原氏の扱いを巡り、小原氏が激怒し関東建材商組合
連合会より、神奈川が脱会する。

袋セメントの軽量化が(25k)実現した
組合法人化のため度々理事会が開催され、組合名も神奈川県建材商協同組合
と変更された。


第23回定時総会  平成  9年6月  9日  ホテルリッチ横浜

一般会員に総会通知が出されず、協同組合として正副会長会により総会が
行なわれた。

10,000円の出資証券が全会員に配布された。

第24回定時総会  平成10年7月20日   ホテルリッチ横浜    組合員数262
協同組合開設に向け、尾原事務局長を中心に各準備が行なわれ、開設までに
至ったがその内容は、新規の開設ではなかったため紛糾し、法人化については
白紙に戻された。これらの対応を不服とし、相模セメント建材商業組合(組合員28社)
小島寛治組合長が連合会費を長期未納とし、この対応を巡って何度となく理事会が
開催された。

        
第25回定時総会  平成11年6月26日  ホテルリッチ横浜    組合員数260
組合法人化の一連の紛糾を巡り出席会員より様々な意見が出されたが、
特に相模セメント建材商業組合を除名とする決議が行なわれ、その後の審議で
小原会長・尾原事務局長が辞任し、
新会長に樋口芳郎氏、新事務局長に
肥田修一氏が就任し、新体制で連合会を建て直す事を誓った。
7月「県連ニュース」が復活され会員への情報提供を中心に年3〜4回発行される。
会員名簿が発行されたが、不備が多く2年後に新規作成の要望が多く出された。
横浜の各支部長が連合会の副会長になることで承認された。
7月29日理事会が開催された。ホテルリッチ横浜       
9月29日、小売商部会・卸業部会・生コン部会・相互取引部会が再開された。
9月「県連ニュース」第2号発行
10月14日本年度第2回理事会を開催する。ホテルリッチ横浜
11月「県連ニュース」第3号発行
平成12年1月19日ホテルリッチ横浜にて新春の集いを開催し、多数の会員出席
の中小原前会長・尾原前事務局長に対し感謝状と記念品を贈呈し、その労をねぎ
らった。
2月「県連ニュース」第4号発行
3月29日理事会が開催され総会の日程などを審議した。ホテルリッチ横浜

第26回定時総会  平成12年5月28日  ホテルリッチ横浜    組合員数250
7月13日理事会が開催された。ホテルリッチ横浜
7月「県連ニュース」第5号発行
7月24日袋セメントの値戻しの件で、神奈川県セメント卸協同組合の正副理事長と、
当方の正副会長の懇談会をホテルリッチ横浜で開催した。
9月29日、小売部会、生コン部会、相互取引部会の3部会が開催された。
10月27日理事会が開催され、折からのIT関連の急速な発展により、インターネット
による情報化社会に当連合会も参入すべく、「県連ニュース」に替わるホームページ
を開設することで了承される。
11月連合会のホームページ「建材ニュース」が開設された。

平成13年1月8日 元連合会長 肥田仙太郎氏が死去
1月26日ホテルリッチ横浜にて新年会が開催された。
3月22日理事会が開催された。ホテルリッチ横浜



      第27回定時総会  平成13年5月27日  ホテルリッチ横浜    組合員数241
      
 現行役員の任期満了に伴い役員改選が行なわれ樋口会長以下大半の
役員が留任した。

       
本年度の事業計画で会員名簿の新規作成が了承される。
夏季理事会
7月26日理事会が開催された。横浜そごう9階市民フロア
議題として 平成13年度会員名簿作製の件で協力を仰いだ
本年度の部会を9月28日に開催する事で決定した

部会開催

小売部会・生コン部会・相互取引部会の3部会が、9月28日ホテルリッチ
横浜で開催された。
秋季理事会

10月26日理事会が開催された。ホテルリッチ横浜 
議題として 本年度作製の会員名簿について、頒布価格など審議した。
先般の部会での各部から出された要望を検討した。
平成14年の新年会を2月上旬にすることで決定した
各地区組合の活動報告で理事会を終了した


平成13年度会員名簿が10月に完成し、会員へ配布された

新年会

平成14年2月4日(月)ホテルリッチ横浜にて新年会が開催された62社が参加した


理事会

平成14年3月28日理事会開催。28回総会の日程等検討した ホテルリッチ 


平成13年度会計監査

平成14年4月25日ホテルリッチにて13年度分の収支決算の会計監査を実施した。



平成14年定例総会 

平成14年5月26日(日)午後5時より、ホテルリッチ横浜にて
開催され、県内各地域より65名が参加し、各議題とも提案通り
承認された。   

平成14年度夏季定例理事会   平成14年7月26日(木)ホテルリッチ横浜にて開催

平成14年度3部会    平成14年9月26日(木)ホテルリッチ横浜にて開催
小売部会・生コン部会・相互取引部会

平成14年度秋季定例理事会   平成14年10月24日ホテルリッチ横浜にて開催
平成15年の新年会を2月4日に開催する事で決定す

平成14年12月現在 会員総数 234社

平成15年2月4日(火) 新年会がホテルリッチ横浜で開催され、69社の参加を得た

平成15年3月27日(木) 冬季理事会開催 市民フロアミーテイングルーム
第29回総会を 6月1日(日)開催で決定する

平成15年 第29回定例総会

平成15年6月1日(日)  総会前に春季理事会開催 総会議事の審議

17時よりホテルリッチに於いて第29回総会開催
60名が参加し、役員改選にて樋口氏を連合会長に再選する

平成15年7月29日(火)  夏季定例理事会開催 市民フロアミーテイングルーム
9月の3部会開催の件で検討し9月26日に開催を決定
              
平成15年9月26日(金)  小売部会・生コン部会・相互取引部会の3部会を開催した

平成15年秋季理事会は折からの衆議院総選挙のため見送られた

平成15年12月末現在 会員総数 226社

平成16年2月4日 新年会がホテルキャメロットジャパンにて開催された
63社の会員が参加された

平成16年3月17日(水) 冬季理事会をホテルキャメロットジャパンで開催
第30回総会の日程と設立30周年記念行事について検討した。
30回総会を設立30周年記念総会とする事で了承された

平成16年6月20日(日)総会前の理事会をホテルキャメロットジャパンにて開催
引き続いて第30回総会を開催し各議案は原案通り可決承認された
出席会員 57名 欠席委任状 141通  合計 198社  会員総数 222社
総会終了後 創立30周年記念祝賀会が開催され、来賓7名出席のもと和やかな
祝賀会となり、午後8時45分散会した
創立30周年を記念し、記念品に電波時計を全会員に贈呈する。

ページの先頭へ戻る

秋季理事会を10月28日にホテル、キャメロットジャパンにて開催する。
本年度の部会を11月29日に、新春の集いを17年2月4日と決定した。

11月29日(月)三部会が開催された。ホテルキャメロットジャパン。

冬期理事会を17年3月2日ホテルキャメロットジャパンにて開催した。
樋口会長より今期限りで会長を退任する旨報告があり、次期会長に
鈴木鉄馬氏を理事会決定した。
第31回総会を6月5日(日)に決定した。
相模建材商組合の復帰要請をする事で樋口会長に一任することで
満場一致で了承した。

第31回総会が平成17年6月5日(日)ホテルキャメロットジャパンにて開催
され42社が出席した。

第5代会長に鈴木鉄馬氏を選出

原案通り全ての議案が承認されたが、鈴木鉄馬氏を第5代会長に決定し、
相模建材商組合(22社)が復帰する事で承認された。
平成17年6月5日現在会員数  242社

平成17年度夏季理事会を7月26日(火)ホテルキャメロットジャパンにて開催す
会員名簿の新規作成にあたり原稿の収集状況を報告し、7月31日締め切りを
確認した。
関東建材商組合連合会へ復帰する旨鈴木会長より説明が行なわれ、出席者全員の
了承を得、早速総会へ出席する事を報告された。

平成17年度秋季理事会が11月16日(水)ホテルキャメロットジャパンにて開催され
平成17年度版の新規会員名簿が配布された。
また平成18年の新年会について協議し、久し振りに一泊の新年会を行うことで
了承され、日程及び場所については小田原の村山氏に一任することで了承された。
また、席上鈴木会長より関東建材商組合連合会の総会(8月26日)に出席した
ことと、東京セメント建材協同組合の創立35周年記念講演会に参加したことを
報告された。
平成17年12月末現在会員数  234社

平成18年新年会は箱根湯本の「箱根湯本ホテル」にて一泊で開催された。
参加会員 35社で翌日の第1回ゴルフコンペは雪のため中止となった。

平成18年度春季理事会が5月9日開催された。キャメロットジャパン
第32回総会を来る6月21日(水)とすることで決定した。
尚、総会前の理事会は開催せず総会議案書については前もって
理事全員に送付し目を通してもらうことで了承された。

平成18年6月1日 平成17年度分の会計監査を実施した。

第32回総会が6月29日(水)午後6時より横浜駅西口のホテル・
キャメロットジャパンにて55社の参加によって開催された。
第1号議案より第7号議案まで異議無く承認され、無事総会を終了した。
尚、第6号議案では規約改定が行われ、本会規約第5条に「地区組合へ入会を
希望する店舗が有る場合には、理事会に付託しその可否は理事会の
決定による」の文語を付け加えることで承認された。
平成18年度当初会員数  232社

平成18年9月29日  秋季理事会を開催

平成18年11月28日  小売部会、生コン部会、相互取引部会を開催

平成18年12月25日  冬季理事会を開催

平成19年2月3日  新年会を箱根湯本ホテルにて開催。33社の参加

平成19年3月2日  前会長 樋口芳郎氏 ご逝去

平成19年5月9日  春季理事会開催
横浜第5支部が横浜セメント建材商業組合を脱会し、横浜北部建材商組合として
連合会への新規加入申請が出された。
この件については横浜としては第5支部を除名処分とするも
連合会としては新規加入を受け入れることで承認される

平成19年5月23日  平成18年度分の会計監査実施

平成19年6月17日  第33回総会開催
平成18年度事業報告、終始決算報告、会計監査報告
平成19年度事業計画案、収支予算案当を承認した
役員改選が行われ会長に鈴木鉄馬氏が再選された。
また、会費の値上げについて審議の結果、現行月額600円を800円に
することで承認された。
尚、横浜第5支部が横浜セメント建材商業組合を脱会し、
横浜北部建材商組合と名称を変更し連合会へ新規加入となった。

平成19年度当初会員数  225社

平成19年10月16日  秋季理事会を開催する。 Hキャメロットジャパン
関東セメント建材連合会に復帰加入することを正式にけっていする。
本年度部会の開催を11月29日(木)に開催することで決定する。
平成20年の新年会を2月2日(土)箱根湯本ホテルにて開催することで決定する。

11月29日 三部会を開催する。 Hキャメロットジャパン
従来の小売部会を建材部会に名称を変更した
原油価格高騰による各商品の価格変動が著しく、各部会に於いて
商品価格動向や現況報告等意見交換を行った。

平成20年2月2日 新年会及び懇親ゴルフコンペ
今や恒例となった一泊新年会が箱根湯本ホテルにて開催され30社が参加
2日朝からは小田原湯本カントリークラブにて懇親ゴルフコンペが開催された。
翌朝は雪に見舞われ早々に帰路に着いた。

平成20年5月22日 理事会を開催した Hキャメロットジャパン
春季理事会を開催し17名の理事が参加した。議題として第34回総会の
日程を決定し、総会提出議題について審議した。
第34回総会は平成20年6月29日(日)午後3時30分よりHキャメロットジャパン
にて開催することで決定した。

第34回定例総会
平成20年6月29日(日)ホテルキャメロットジャパンにて開催
横浜の第五支部が横浜セメント建材商業組合から脱会し、
横浜北部建材商組合として連合会の新加入組合となる。
組合員構成については旧と変化なし
総会時 会員数 224社

ページの先頭に戻る

鈴木会長から辞意表明
平成20年9月24日秋季理事会が開催された。
緊急動議として鈴木会長から辞意が表明され慰留に努めるも
鈴木会長の意思が強く、理事一同これを受け入れるとともに
後任の会長選考を行った。
理事会の意向として次期会長は横浜より出すことで承認されたが、
横浜としては会長を即決出来ず、取り敢えずは横浜の選考結果
に従うことで了承された。
関東建材商組合連合会に復帰することを決議した

建材・生コン・相互取引の3部会開催
平成20年11月27日ホテルキャメロットジャパンで開催

平成21年新年会開催
平成21年1月24日 箱根湯本温泉『ホテルおかだ』にて開催
34社が参加した

春季理事会開催
平成21年3月24日理事会を開催
議題は第35回総会の日程の件で6月28日(日)と決定した
また、鈴木会長の後任会長について、横浜での選考会議の結果
鶴見建材椛纒\取締役、土田和男氏を次期会長として選考した
ことが報告され、理事会にて承認された。

横浜セメント建材商業組合が解散
平成21年6月3日開催の横浜セメント建材商業組合第62回総会にて
解散を決議し第一支部から第四支部まで、それぞれが独立した組合
となることで決定をした。
今後は横浜南部建材商組合(旧第一支部)、横浜中央建材商組合
(旧第二支部)、新横浜建材商組合(旧第三支部)、横浜鶴見建材商組合
(旧第四支部)として、全体的には横浜建材商組合連合会となる

ページの先頭に戻る


第35回定例総会
第6代会長に土田和男氏を選任
平成21年6月28日(日)第35回総会が開催され、役員選考の結果
土田和男氏(横浜鶴見)が会長に選任された。
また、横浜セメント建材商業組合が本連合会を退会し、新たに上記4組合
が新規加入することで承認された。
また、本年度の事業計画では会員名簿を作成することで承認された。

景気は末期症状 会員数212社
100年に一度と言われる世界的規模の大不況、日本経済もまさに泥沼
建設業界の倒産や大手マンション業界の倒産が相次ぎ建材業界も
危機的状況となる。
先行きの見通しが立たず、建材業を廃業する店が続出しこの1年で
12社が退会した。

秋季理事会開催
平成21年9月29日開催
新規名簿について11月中には発行出来る旨の報告
22年の新年会は一泊ではなく何処かホテルの宴会場で夕方開催
とすることで決定し1月28日(木)とし、会場当については横浜に一任する

平成21年度版会員名簿発行
平成21年11月10日 新規会員名簿が発行された
新名簿発行時点での会員数 207社

関東セメント建材組合連合会 名簿作成会議
平成21年11月24日(火)午後6時30分より東京渋谷の東京セメント建材
協同組合会館にて名簿作成会議が開催された
神奈川が関東連合会に復帰したこともあり、東京、埼玉、神奈川の
一都二県の名簿を作成するため、肥田事務局長および坂倉理事二名が
出席した。東京からは森田理事長をはじめ、副理事長、専務理事、そして
佐藤事務局長、埼玉セメント建材商組合連合会から羽田会長、稲川副会長
が出席した。名簿は神奈川県の平成21年度版をモデルにして、平成22年
の春に発行予定とし、全組合員に配布される。

3部会の開催
平成21年度の3部会が11月26日(木)午後6時よりホテルキャメロットジャパン
にて開催された。景気悪化の中でそれぞれの部会で活発な意見交換が
行われた。
建材部会では地域別での主要商品販売価格の提示と各店舗の近況報告
が行われ、車両の処分、人員の削減など事業規模の縮小など苦労されている
報告があった。
生コン部会については、厳しい業界の近況報告が中心であった。
相互取引部会は振込み手数料の差っぴきの件や、少量割り増しについての
話し合いが活発に行われた。

東京セメント建材協同組合新年会
平成22年1月13日(水)新宿京王プラザホテルにて開催
肥田、飯田 2名が参加した

平成22年新年会
昨年までの一泊新年会を中止し本年は横浜市内のホテル宴会場での懇親会
のみとし、1月28日(木)ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル31階の
中華レストラン「かりゅう」にて開催しました。
関東建材商組合連合会に復帰したことに伴い、本年の新年会には東京
セメント組合の森田理事長他4名の役員、埼玉組合の羽田会長そして
神奈川県セメント卸の尾森理事長他1名の来賓参加が有り、連合会会員
62名と併せて総勢70名の新年会となりました。
村山副会長の開会あいさつの後、土田神奈川組合会長、森田東京組合理事長、
羽田埼玉組合会長、尾森神奈川セメント卸理事長とあいさつが続き、
鈴木前神奈川組合会長の乾杯発声で懇親会に入りました。
会場は横浜港や横浜市街の景色を楽しむため、5つの部屋に分かれての会食
でしたが、参加者それぞれ部屋を移動して交流を深めました。
三浦の高橋副会長が閉会のあいさつを行い本年の新年会を無事に終了した。

関東セメント建材組合連合会総会

平成22年4月23日渋谷エクセルホテル東急にて開催
土田、肥田、坂倉、飯田 4名が出席
土田氏が副会長に、肥田氏が監事に選任された

春季理事会開催
平成22年4月27日理事会を開催した
議題としては第36回の総会に関する日程、議題等を審議し、総会は
6月27日(日)午後4時より、ホテルキャメロットジャパンにて開催することで決定した

東京セメント建材協同組合総会
平成22年5月26日
総会後の懇親会に肥田事務局長が出席した
会場 渋谷東急ホテル セルリアンタワー39階

埼玉県建材商組合連合会 総会
平成22年5月29日(土)川口総合文化センター
坂倉、飯田 2名が出席した

第36回定例総会
平成22年6月27日(日)午後4時より総会が開催され、平成21年度の決算報告、
事業報告、監査報告の承認と22年度の予算案および事業計画案が承認され、
総会を終了した。後に懇親会が開催され来賓として東京組合の森田理事長、
埼玉組合の羽田会長、神奈川セメント卸より今井専務理事があいさつされた。

36回総会時会員数 201社

ページの先頭に戻る

秋季理事会開催
平成22年9月28日(火)午後6時よりキャメロットジャパンにて開催
平成23年の新年会と部会開催について審議した
新年会は本年同様市内の会場で開催することで決定した。
部会については11月24日(水)開催することで決定

東京セメント建材協同組合創立90周年記念式典・祝賀会
平成22年11月23日(火・祝日)午後3時より渋谷エクセルホテル東急にて開催
櫻井よし子さんの講演後、記念式典、祝賀会が行われた
土田会長、肥田、坂倉、飯田 4名が参加した

22年度部会の開催
平成22年11月24日(水)ホテルキャメロットジャパンにて開催
建材部会・生コン部会・相互取引部会の三部会が開催された。
各部会とも現状の問題点など情報交換として話し合われた。
特に建材部会では厳しい現状を乗り切るための様々な取り組みが
行われている話に終始した。

平成23年新年会
平成23年1月23日 ホテルキャメロットジャパンにて新年会開催
今回は来賓の出席は無く連合会会員のみの新年会となった

3月11日 午後2時46分 東日本大震災発生
震源は宮城県沖の太平洋でマグニチュード9という強烈な地震に見舞われ、特に岩手、宮城、福島
3県の太平洋側沿岸に大津波が襲い死者、行方不明2万人を数え、未曾有の大災害となった。
また、津波で福島の東京電力原子力発電所も大きな被害を蒙り、放射能の飛散により日本国民が
震撼させられた。
原発事故により電力不足は避けられず東京電力管内では連日計画停電が実施されたのである。

春季理事会を開催
平成23年4月22日(金)横浜そごう9階市民フロアミーテイングルーム
にて春季理事会を開催した。18名の理事が出席
議題は23年第37回総会の日程について協議し、6月26日(日)
午後4時より横浜駅東口「崎陽軒」にて開催することで決定した
また総会に提出される一部議案を審議し了承を得た
大震災の影響は業界にも及び建材商品の品不足や大幅なる値上がりもあり、また
ガソリンなど燃料不足に陥りガソリンスタンドでは長蛇の列が出来たのである。

第37回定例総会
平成23年6月26日(日)横浜駅東口「崎陽軒」にて開催された。会員50社の出席を得て
提出議案総てが異議なく承認されたのであります。
関東建材商組合連合会の役員任期と同期にするため、今期は役員改選が行われず会長以下
1年留任とさせていただきました。
総会後の懇親会では来賓に東京セメント建材協同組合の森田理事長、埼玉県建材商組合連合会
の羽田会長、そして神奈川県セメント卸協同組合の今井専務理事が出席され祝辞を頂戴した。

37回総会開催時 会員総数 197社

関東セメント建材商組合連合会総会
7月26日渋谷エクセルホテル東急にて総会が開催され、土田会長以下3名の役員が出席した。
22年度の事業報告、決算報告ならびに23年度の予算案と他の議案についても承認された。
続いて開催された東京セメント建材協同組合の賛助会員交流会では建材メーカー、販売店
などの商品説明があり活発な交流が行われた。

ページのトップに戻る

秋季理事会を開催
9月27日秋季理事会が開催された。3部会の開催日程を11月29日と決定し、また平成24年の
新年会を1月22日、ホテルキャメロットジャパンにて開催することで決定した。

23年度部会の開催
11月29日に3部会が開催された。
各部会とも近況報告を交え建材流通の諸問題について意見交換がなされた。
建材部会ではホームセンターの多様化に困惑しながらも、建材店主自らが商品の勉強をし、また
各種工事の見積もり作成など顧客と密接な関係を保つことで、売り上げが改善出来ると報告された。
生コン部会においては戻り生コンの処理については有料とする報告がされた。

平成24年 新年会
東京セメント建材協同組合の新年会が1月11日渋谷のエクセルホテル東急で開催され、
土田会長以下3名の役員が出席した。
本連合会の新年会は1月22日ホテル・キャメロットジャパンにて開催され、40社の出席と
東京セメント建材協同組合より森田理事長、向笠専務理事、また埼玉セメント建材商組合連合会
羽田会長を来賓に迎え、それぞれ祝辞を頂戴した。

神奈川県セメント卸協同組合との交流会
毎年卸協組お世話により設営され開催されているが、今回は新年会を兼ねて行われました。
1月27日関内の「伊勢」にて成田理事長、今井専務理事、そして当方より土田会長、肥田事務局長
坂倉会計理事3名が出席し、セメントの流通、私製袋の状況など近況報告を交えて、
和やかな交流会となった。

春季 理事会開催
3月22日理事会をホテル・キャメロットジャパンにて開催した。
平成23年度第38回総会の開催日程について審議し、6月24日(日)午後5時より
ホテル・キャメロットジャパンにて開催することで決定した。
総会提出の議案の一部を審議し、決算報告等は総会当日の理事会で審議することにした。
また、今総会は役員改選となるため予め役員候補者を推薦し、会長、会計、監事を現行のまま
留任として総会で承認を受けることとした。
副会長、理事、部会委員については各地区組合からの推薦による
事務局長については肥田現事務局長を本連合会の専従とすることで理事会決定された。

平成24年3月現在会員数  192社


総会直前理事会 6月24日
去る3月22日の理事会で審議が行われなかった決算報告関連の議案審議を行い、
平成23年度収支決算報告並びに平成24年度収支予算案を承認した。
また、左記の理事会で懸案となった会費値上げについては、今後の各事業において
経費の節減を行い、また新年会及び総会懇親会等の参加会費を値上げすることで暫く
様子を見ることで、連合会費の値上げは見送ることとした。

第38回定例総会 平成24年6月24日
ホテル、キャメロットジャパンにて会員40余名の参加を得て開催された。
事業報告、決算報告、監査報告、役員改選、予算案審議、その他等予定された議案について
審議され総ての議案が異議無く承認された。
役員改選においては土田会長を再選し、また事務局長に肥田氏を本連合会専従とすることで
承認された。また会計理事には坂倉氏を再選し、監事には根建守氏を再選、また他界された
武藤氏の後任として金子雄次氏が承認された。
尚、筆頭副会長として飯田米造氏を指名し承認された。
総会後の懇親会には来賓として東京より森田前理事長、細淵副会長、高橋副会長、向笠専務理事
埼玉より稲川会長、有山事務局、そして神奈川県セメント卸協同組合より今井専務理事が参加

38回総会時 会員総数 191社

平成24年 秋季理事会開催
平成24年9月27日(木)午後6時より横浜そごう9階 新都市ホールの市民フロア、ミーテイングルーム
にて秋季理事会を開催した。
16名の理事が出席し、3部会の日程を11月29日としミーテイングルームで開催することを決定した。
また、平成25年の新年会を1月19日(土)午後5時30分より、ホテルキャメロットジャパンにて開催
することを決定した。

平成25年 新年会
東京セメント建材協同組合の新年会が1月10日東京上野精養軒で開催され、
土田会長以下3名の役員が出席した。
本連合会の新年会は1月19日(土)ホテル・キャメロットジャパンにて開催され、40社の出席と
東京セメント建材協同組合より村越理事長、細淵副理事長、向笠専務理事、
また埼玉セメント建材商組合連合会より稲川会長を来賓に迎え、
そして神奈川県セメント卸協同組合より山下理事長、今井専務理事を迎えそれぞれ祝辞を頂戴した。


春季 理事会開催
3月28日理事会を新都市ホール、ミーテイングルームにて開催した。
平成24年度第39回総会の開催日程について審議し、6月23日(日)午後5時より
ホテル・キャメロットジャパンにて開催することで決定した。
総会提出の議案の一部を審議し、決算報告等は総会当日の理事会で審議することにした。
また、関東セメント建材商組合連合会として青年部組織を立ち上げ、後継者育成のために
支援をすることで東京、埼玉、神奈川の代表者会議で決定された。
当連合会としても育成のため支援していくことで了承された。

第39回総会 開催 平成25年6月23日
ホテル、キャメロットジャパンにて会員40余名の参加を得て開催された。
事業報告、決算報告、監査報告、役員改選、予算案審議、その他等予定された議案について
審議され総ての議案が異議無く承認された。
尚、筆頭副会長として飯田米造氏を指名し承認された。
総会後の懇親会には来賓として東京より村越理事長、高橋副会長、向笠専務理事
埼玉より稲川会長、有山事務局、そして神奈川県セメント卸協同組合より今井専務理事が参加され
それぞれ祝辞を頂戴しました。
新加入会員1社が紹介され、退会会員と合わせて会員数187社となる

秋季理事会を開催 平成25年10月1日 市民ホール・ミーテイングルーム
理事20名が出席、今年度の3部会開催を11月28日(木)とする。
また来年1月の新年会を1月18日(土)5時30分よりホテルキャメロットジャパン
にて開催することを決定した。

平成25年度3部会開催
建材部会、生コン部会、相互取引部会の3部会を11月28日に開催しました

平成26年 新年会
平成26年1月18日(土) ホテル・キャメロットジャパンにて開催 
来賓として東京より村越理事長、杉本副理事長、高橋副理事長、埼玉より稲川会長が出席され
祝辞を頂戴しました。
総数42社の出席でアトラクションとしてマジックショーを楽しんだ。

春季 理事会開催
4月3日(木)市民ホールのミーテイングルームで開催。
第40回総会を6月15日とすることを決定した。
また役員改選について会長に土田現会長を、また監事に根建守氏、金子雄次氏を
再選することで承認を受ける。
尚、地区代表については各地区の総会での役員改選を待つこととした。

平成25年度 第40回総会開催
平成26年6月15日(日)開催 会場はホテル・キャメロットジャパン
通常の総会議案は議案書のとおり承認され、役員改選では土田和男氏を再選し
監事には根建守氏、金子雄次氏を再選した。
また事業計画としては明年当連合会が創立40年を迎えるにあたり、明年の総会を
記念総会にする旨報告があった。
総会後の懇親会では東京の杉本副理事長、埼玉の稲川会長、神奈川セメント卸の尾森理事長
よりそれぞれ祝辞を頂戴しました。
アトラクションではマジックショーが行われた

秋季理事会開催
10月2日(木) 横浜市民フロア、ミーテイングルームで開催された
11月開催予定の3部会の日程と平成27年の新年会日程を検討し、部会を11月27日開催、
新年会を1月24日開催とすることで決定した。
また関東建材組合連合会としての名簿の作成が行われ12月末には配布予定であることと、
神奈川連合会の創立40周年記念事業を計画する実行委員会を立ち上げることで
承認された。

平成26年度 3部会開催
11月27日(木)ミーテイングルームで開催
建材部会、生コン部会、相互取引部会の各部会で様々な意見交換や情報交換などが
行われ、また事前に用意されたテーマに沿って意見が出され活発な部会であった
この部会の報告は後日全会員へ報告することで了承された。

平成27年 新年会 45社参加

平成27年1月24日(土) ホテル・キャメロットジャパンにて開催 
来賓として東京より杉本副理事長、細淵副理事長、埼玉より稲川会長が出席され祝辞を頂戴しました。
年末に行われた衆議院総選挙では自民党が大勝し、安倍政権が継続されることとなり、
経済成長に大いに期待を寄せることになる。

平成26年度 春季理事会

平成27年3月30日(火)春季理事会をミーテイングルームにて開催する。
議題として、第41回総会を平成27年6月21日(日)と決定し、当日を当連合会創立40周年
記念総会とすることとし、記念行事としては特別設けず、記念品を全会員に配布する方向で
3役に一任した。


平成26年度 第41回総会

創立40周年 記念総会

平成27年6月21日(日) 午後5時30分より横浜駅西口「ホテル・キャメロットジャパン」にて開催された
総会は通常総会として司会を三浦半島 叶ャ正 近藤仁氏が担当、開会あいさつに川崎中部
東信建材梶@今井千尋氏が担当、 土田会長のあいさつの後、議長に 新横浜 距髢リ建材商会
鈴木晶美氏を指名し 議事録署名人に椛蝌a田商店 大和田岳男氏、および 丸栄建材
鈴木 健氏2名を指名後直ちに議事に入る。
議事は平成26年度事業報告を肥田事務局長が、また同収支決算報告を坂倉会計理事が報告し
根建監事より会計監査報告が行われ、審議の結果異議無く承認された。
次に平成27年度の事業計画と収支予算案が報告され、これも異議無く承認された。
続いて青年部からの活動報告が、且R口文雄商店 山口一暁青年部長より報告され、議長から
総括的な質問を求められるも異議無く、総会議事全てを終了した。
議長退任後、司会者より閉会あいさつを 川崎 椛蜷カ建材 芳賀氏を指名し閉会あいさつが
行われ、第41回総会は無事に終了した。

引き続き第2部懇親会が別室にて開始され、司会進行を肥田事務局長が努め、開会あいさつに
西湘 椛コ山商店 村山氏があいさつ、続いて土田会長の会長あいさつ後、来賓として
出席された、東京セメント建材協同組合 村越理事長、埼玉県セメント建材商組合連合会の
稲川会長、そして神奈川セメント卸協同組合の尾森理事長よりそれぞれ祝辞を頂戴した
40周年記念品(レターオープナー)が用意され、土田会長より会員代表 赤間氏に贈呈
そして葛燻qコンクリート 金子氏の乾杯発声で懇親会がスタートしました。
懇親会は連合会員43名が主席、来賓が7名、青年部より3名 事務局と54名の参加
和やかな懇親会の中締めとして 横浜南部 去s川三郎商店 市川氏が努め懇親会もお開きとなる

平成27年 秋季理事会開催

9月25日(金)ミーテイングルームにて開催
今年度の3部会は11月27日(金)午後5時30分よりミーテイングルームにて開催と決定された。

平成28年の新年会は1月23日(土)午後6時より 
ホテル・キャメロットジャパン横浜にて開催することを決定した


マイナンバー講習会

マイナンバー制度が新たに始まることにより、制度の仕組みや今後の運用など
理解を深めようと、平成27年11月27日に開催されました。
当初は3部会を予定したのですが、9月の理事会でマイナンバーの講習をしてはどうか、
と意見が出され3部会を中止し、急遽講習会の運びとなりました。
会場は新都市ホールに付随した市民フロアのミーテイングルームを借用し、
各お店の社長さんや経理担当の方々35名が参加し、講師に招いた税理士の話を
熱心に聞き入っていました。

創立40周年記念
平成28年新年会開催 


平成28年1月23日(土)横浜駅西口 ホテル・キャメロットジャパンにて新年会を開催
連合会会員40社が出席し、東京セメント建材協同組合から村越理事長、向笠専務理事、
そして埼玉県セメント建材商組合連合会の稲川会長にご出席をいただき、それぞれ祝辞を
頂戴しました。
創立40年記念の新年会として土田会長が『先人たちの労苦を忘れることなく、不況の折であるからこそ、
会員一同が一致団結して困難を乗り切ろう」と挨拶され、懇親会では終始なごやかな雰囲気の中
での新年会となりました。

平成28年春季理事会開催
4月29日(火)横浜市民フロア「ミーテイングルーム」において、理事会を開催した。
議題については第42回総会の日程と総会に提出する議案の一部を審議した。

第42回総会開催
6月21日(火)ホテル「キャメロットジャパン」にて42回総会を開催。
平成27年度の事業報告及び収支決算報告がそれぞれ審議され承認された。
次に任期満了に伴う役員改選では、会長に土田和男氏を再選し、会計に坂倉浩氏、
事務局長に肥田修一氏、監事に根建守氏及び金子雄次氏をそれぞれ再選した。
続いて平成28年度の事業計画案と収支予算案が審議され承認された。
続いて青年部の活動報告が山口青年部長から報告され、総会が終了し懇親会
の会場へ移動し、肥田事務局長の進行により懇親会がスタートした。
土田会長の挨拶の後、来賓として東京の村越理事長、埼玉の稲川会長、そして
神奈川県セメント卸の尾森理事長から祝辞を頂戴し、根建監事により乾杯
で和やかな懇親会となった。

平成28年秋季理事会
9月26日(月)横浜市民フロア「ミーテイングルーム」において、理事会を開催した。
議題としては、11月の3部会開催について検討し、部会の開催は重要としながらも、
一部理事の中から、会社の相続に関する税法上の問題とか、株の売買などについて
勉強会を開いてはと意見が出され、11月24日に3部会に替って勉強会を開催する
ことに決定した。
講師並びに会場については事務局に一任された。
また、平成29年の新年会について日程や会場について検討され、日程は
平成29年1月21日(土)午後6時より、会場はキャメロットジャパンで開催することで決定した。

3部会に替る勉強会
平成28年11月24日(木)上記の勉強会が市民ホール「ミーテイングルーム」で開催された。
講師として税理士の佐々木哲夫先生に依頼し、会社の相続時における諸問題について
講演され、30社ほどの参加者が話しに聞き入っていました。

平成29年 新年会
平成29年の新年会が1月21日(土)ホテル「キャメロットジャパン」で開催された。
連合会会員が50社、来賓が5社のあわせて55名が出席され、久しぶりの大台でした。
土田会長挨拶のあと、東京組合の村越理事長、埼玉の稲川会長が来賓として
祝辞を述べられ、根建監事の乾杯で懇親会がスタートしました。
当日の会場に充てられたルームは、なんとホテルの地下室、全館満杯とは言え
ホテル側の対応に疑問を抱かざるを得ず、今後の開催について会場の変更も
視野に入れ検討していくこととした。

平成28年度・春季理事会 開催
平成29年3月30日(木)午後6時より市民ホール「ミーテイングルーム」で開催された。
議題としては、第43回総会の日程及び会場、また総会議案の一部審議を行った。
日程としては6月21日(水)とし会場については執行部に一任された。

第43回総会・懇親会 開催
平成29年6月21日(水)第43回総会を、横浜中華街の「ローズホテル横浜」で開催した。
朝から台風並みの大荒れの天気で心配したが、60名近くの参加を得て盛大な総会・懇親会
となりました。
総会では通常の議題を審議し総て承認され、無事に終了した。
今回より総会と懇親会ともに司会進行を青年部に依頼し、小沢孝之氏に努めていただきました。
また会場も横浜中華街「ローズホテル横浜」に設定し、好評をいただきました。
懇親会では来賓として参加された東京組合の村越理事長、埼玉組合の稲川会長、
神奈川セメント卸の今井専務理事、そして潟{ースの高橋専務からそれぞれ祝辞を
頂戴しました。
会食では中華街での本格的な中華料理(四川料理)で、辛さと戦いながら料理を
堪能されました。

昨年度4社が退会するも2社が新規加入し、会員総数165社となっている。

平成29年度 秋季理事会 開催
平成29年9月29日(金)午後6時より市民ホール「ミーテイングルーム」で開催された。
議題としては、例年恒例の「3部会」について本年の開催をどのようにするかまず
検討しました。ここ2年については部会の開催は見送り、研修会や勉強会を開催して
会員の知識向上に努めて来ましたが、本年の開催を検討したところ青年部より
「組合の歴史を学ぼう」とする話が出され、青年部に一任することで了承を得られた。

次に平成30年の新年会について検討しましたが、日程等次の通り決定したので12月早々に
会員への通知を出すことで了承されました。
新年会開催日時 : 平成30年1月24日(水)午後6時より
会場 : 横浜中華街 『ローズホテル・ヨコハマ』
会費 : 10,000円

平成30年1月 新年会を開催
平成30年1月24日(水)午後6時より、中華街「ローズホテル横浜」にて開催されました。
総勢53名が出席し和やかな新年会となりました。
司会進行は青年部の小沢孝之さん、開会挨拶に滑翠ョ、北原副会長の後
土田会長が挨拶、そして来賓として出席された東京セメント建材協同組合の村越理事長、
埼玉県セメント建材商組合連合会の有山事務局長のお二人が祝辞を述べ、乾杯発声を
湘南建材商組合より峯尾副会長が務めました。
最後に中締めとして金子監事より挨拶と手締めでお開きとしました。

本連合会青年部との交流会開催
平成30年3月17日(土) 19:00より横浜崎陽軒にて行われる

春季理事会 開催
平成30年3月29日(木)18:00より横浜そごう9階、市民フロアミーテイングルーム
で開催された。第44回総会の日程について検討

第44回総会・懇親会を開催
平成30年6月22日(金)18:30より横浜中華街『ローズホテル』にて開催された。
予定された議案については全て承認され、また役員改選では会長に土田和男氏が
再選され、会計に坂倉浩氏、監事に根建守氏、金子雄次氏がそれぞれ再選された。
総会終了後の懇親会では来賓として東京セメント建材協同組合の杉本光男理事長と、
埼玉県セメント建材商組合連合会の猪野高明会長がそれぞれ挨拶された。
尚来賓として東京から高橋博之副理事長、細淵敏克副理事長、そして埼玉から
有山誠一郎事務局長が出席されました。

秋季理事会 開催
平成30年9月28日(金)理事会が開催された。
平成31年の新年会について検討されました。
平成31年1月24日(木)18:00より「重慶飯店本館5F」で開催されることになりました。


平成31年1月新年会
1月24日(木)恒例の新年会を横浜中華街「重慶飯店本店」にて開催されました。
当初の予定であった会場「ローズホテル横浜」の使用予約が出来ず、平成30年10月に
7階建に建て替えられた重慶飯店本店にて開催されました。
来賓を含め50名を超える出席者で、今回も盛況裏に行われました。
来賓として出席頂いた東京セメント建材協同組合の杉本理事長、埼玉県セメント建材
商組合連合会の猪野会長よりそれぞれ祝辞を賜りました。
特に東京の杉本理事長より、東京の協同組合が本年創立100周年を迎えることから
11月に記念式典が行われる旨報告をいただきました。


春季理事会開催
平成31年3月27日(水)春季理事会を開催し、第45回総会の一部議案を審議し、
平成30年度事業報告及び平成31年度(令和元年度)事業計画について
理事会承認されました。
45回総会については6月21日(金)に開催予定で、決算報告、予算案については
総会当日審議することで了承されました。


平成31年4月30日 平成天皇退位
令和元年5月1日 新天皇(令和天皇)即位



第45回定例総会開催

令和元年6月21日(金)午後6時より、横浜中華街「ローズホテル横浜」にて第45回
総会が開催されました。
連合会会員50余名が出席し、相模組合の活ョ屋、大谷氏が議長を務め、議案書に
従い順次議案の審議を行い、全ての議案について異議無く承認されました。
総会終了後同会場にて懇親会が開催され、西山副会長の司会進行で進められ
土田会長あいさつのあと東京組合より杉本理事長、続いて埼玉組合の猪野会長、
そして神奈川セメント卸の尾森理事長よりそれぞれ祝辞を賜りました。
現会員数 163社


ページの先頭に戻る

 TOP